Somewhere in time(^^)

Somewhere in time

A little something to say in my everyday life

カボチャのニョッキ

f:id:tsukisai:20171116070947j:plain

<材料>(2~3人分)
*ニョッキ
カボチャ:約300g
強力粉:約90~100g

*トマトソース
玉ねぎ:中1個(約250g)
トマト:3個(約400g)(缶詰のトマトでも可)
にんにく:5かけ
ひき肉:120g(合挽)
バター:20g
塩:適宜
ケチャップ:大さじ2
スープのもと:小さじ1
胡椒:適宜

<作り方>
1)玉ねぎはみじん切りにする。

2)トマトは皮を剥き、縦に8等分に切る。 硬めのトマトであれば(完熟でない場合)、8等分にしたものを更に横半分に切ってもよい。

3)にんにくは皮を剥き、みじん切りにする。

4)鍋にバターを溶かし、玉ねぎを炒める。 玉ねぎに火が通ったら、ひき肉を入れ炒める。

5)ひき肉にも火が通ったら、トマトを入れ炒める。 水を加えなくても野菜から出る水分で十分スープのようになる。 もし水分が足りないようであれば、水を多少加える。 アクが出てきたら取り除く。

6)5)を弱火~中火で煮続け、水分がちょうどよいぐらいに減ったら、塩、胡椒、ケチャップ、スープのもとを入れて味を調える。

f:id:tsukisai:20171116070909j:plain

7)カボチャを切り、皮も剥く。

8)カボチャを茹でる。 茹で上がったら鍋の水を捨て、マッシャー等でつぶす。(電子レンジでカボチャを柔らかくしてもよい。 やりやすい方法で柔らかくしてください)
わたしは、少な目の水で蒸し煮のようにし、こふき芋を作る時のように鍋を加熱しながら水分を飛ばし、すりこ木でつぶします。 こうすると、余分な水分も残らず、熱いうちにつぶせるので。

9)つぶしたカボチャの粗熱がとれたら、カボチャをボールに入れ、小麦粉を加え、手でこねて耳たぶぐらいの硬さにする。 その時使う野菜により水分が異なるので、小麦粉の量で調節する。
カボチャに限らず、ニョッキを作る時の野菜と小麦粉の割り合いですが、野菜:小麦粉=3:1という目安を覚えておくと便利です。

今回使ったカボチャはホクホクしている種類で、こんなにきれいな黄色になりました(↓)

f:id:tsukisai:20171116070922j:plain

10)こねあがったニョッキを直径2~3cmの棒状にし、5~10mmほどの幅に輪切りにする。 輪切りにしたニョッキをフォークの背で押し、一つ一つ形を整える。

11)鍋にたっぷりの水を沸騰させ、10)でスライスしたニョッキを入れる。 ニョッキが浮き上がってきたら、更に1分間ほど茹で、鍋から取り出す。

12)6)で作っておいたトマトソースを火にかけ、茹で上がったニョッキを入れる。 ソース、ニョッキ共に温まったら出来上がり。

今回はトマトソースに入れて食べましたが、カボチャのニョッキは茹で上がったものにブラックペッパー、粉チーズ等をふりかけてそのまま食べても美味しいです。

今回作ったトマトソースは簡単に作れますし、ニョッキ以外にも使えます。 お好みで他の調味料を加えてもよいですし、チリコンカンのようにチリパウダー、クミンパウダー、コリアンダーパウダーなどのスパイスを加えても使えます。