Somewhere in time(^^)

Somewhere in time

A little something to say in my everyday life

キジバト

 先日の日曜日に通過した台風22号。 風はあまり強くなかったがとにかく一日中雨が降り続いていた。

そして翌日の月曜日。 雨は既に止んでいたが、今頃になって今度は風が強くなっていた。

そんな朝方、親がいつも通り仕事に出かけると、店のドア近くにキジバトのこどもがうずくまっていた。 近づいても動こうともしない。 その辺りはカラスも多く、このままではどうなってしまうかわからないと思ったそうで、とりあえず手で捕まえて段ボールに入れ、水や食べ物をあげた。 野菜かなにかを与えたようだが、それもちゃんと食べたそうで、夕方家に連れて帰ってきた。 それがこの小鳩(↓)。

f:id:tsukisai:20171101064601j:plain

首の周りなど多少まだ産毛っぽいものが残っていて、体の大きさも外で普段見るキジバトより小さい。 あともうちょっとで巣立ちだったのか、それとも既に自分で巣に出入りしていたのか。

f:id:tsukisai:20171101064612j:plain

インコなどを飼う籠しかなかったので、それに入れたのだが、どう見てもやっぱり籠が小さい。

見たところ、特にケガをしている様子もない。 台風の悪天候で巣に戻れなくなったのか、雨に濡れてしまい食べ物も無かったのか、体力が無くなった為に動けずにいたらしい。

そして昨日。 約1週間我が家にいたことになるが、かなり元気になり、ケージの中でも、もう飛びたくて飛びたくてしょうがないといった様子だったので、見つけた場所で放しました。(ちなみに、我が家に来て2日目に、大型犬を一時的に入れておくようなケージに移した)

放した時わたしはその場にいなかったのだが、親曰く、飛び立ってまず、巣があった辺りまで飛び、それから高い木の上まで飛んでいったとのこと。

数日前、店の近所の人の話では、近くにキジバトの巣があり、また台風の後、近くでハトが死んでいるのを見つけたなどと言っていたらしい。 この小鳩はまず自分の巣の場所に行き、巣がないのを見てから飛び立っていったみたい。

キジバトは群れで生活しないと聞いたことがある。 まだ完全に成長して大人になってはいないので心配だけど、野生の本能と生命力を信じるしかないか。 (それに野鳥だから、長期間飼うわけにもいかないし)