Somewhere in time(^^)

Somewhere in time

A little something to say in my everyday life

オーブントースターでアップルパイ

今回はオーブントースターでアップルパイを作ってみました。 パイ生地は市販されている冷凍のパイシート(↓)を使用。

日本製粉 冷凍 12パック オーマイ パイシート4枚

パイの中身:
りんご:1個
レーズン:適宜
レモン汁:適宜
砂糖:お好みで
塩:少々
ブランデー:他の料理を作った時に使ったものがまだ残っていたので。 なくても大丈夫です。

上記材料をお鍋に入れてリンゴを煮る。
試しにりんごは、いちょう切りと小さなキューブ状に切ったものを使ってみました。 りんごの種類にもよるのかもしれませんが、小さく切って煮ると水分が出すぎてパイ生地で包む時ちょっと苦労したので、りんごは小さく切りすぎないほうがいいかもしれません。 りんごや砂糖を耐熱容器に入れ、電子レンジを使って加熱する方法もありますが、どちらにしろ水分がしっかりなくなるぐらいまで煮たほうがいいようです。

パイシートは包装袋の指示に従って解凍します。 ただ、解凍すると言っても完全に解凍しきってしまうとべたついてしまうし、解凍が不十分だと包みにくいので、丁度扱い易い頃合いを見極める必要があるようです。

今回使ったパイシートは4枚入り。 まずはじめの2枚を使って4個、次の2枚で6個作ってみました。 下の画像の上が6個、下が4個にあたるのですが、2枚で4個がちょうどいい感じでした。 中身のリンゴも多めに入れられるし。

f:id:tsukisai:20171012132909j:plain

焼く準備ができたら、クッキングシートを敷いたトレーを置き、その上にパイを置き焼き始めます。 パイの上側に焦げ目がつき始めたらアルミホイルをかぶせて焼き続けます。

パイの表面は焦げ始めるとあっという間に焦げすぎてしまうので、注意して見ていたほうがいいみたいです。 また、トレーもかなり高温になるので、今回はクッキングシートの下にアルミホイルも敷いて焼きました。

さて、お味のほうですが、焼け具合、中身のリンゴの味は美味しくできたのですが、一つだけ問題が・・・。 パイ生地が美味しくない。 食べた家族からも同じことを言われてしまい、がっかりです。 市販のパイシートを使うのは初めてだったのですが、やっぱり市販ってこんなものかなあと。

しょうがない。 やっぱり次はパイ生地から自分で作ってみようと思っています。