Somewhere in time

Somewhere in time

A little something to say in my everyday life

柚子茶

毎年冬になるとあちこちから頂く柚子。 みかんと違ってばくばく食べるわけにもいかず、いつも余ってしまい、いつまでもキッチンの片隅に置かれた箱の中でゴロゴロさせてしまう。 そこで、今年はりんご茶も作ってみたわけだし、柚子茶もついでに作ってみた。

柚子茶の作り方をざっとサイトで見てみると、ジャムのように煮てしまっている人がいるかと思えば、柚子ジャムと柚子茶は別物で柚子茶は火にかけないと言っている人もいたり。 まあ考えてみれば、砂糖と一緒に煮たとしたらそれはジャムだわな~などと思いつつ、今回は加熱しない方法で作った。

砂糖は白糖やきび糖を使う方法もあるが、柚子自体に香りがしっかりあるので蜂蜜でも美味しいと聞いたことがあったので、蜂蜜を使用。

f:id:tsukisai:20170305095001j:plain

【作り方】
1)柚子をしっかり洗う。 洗う方法は幾つかあるが、
a. ボールに入れた水に重曹を適量混ぜ、そこに柚子を入れ20分ほど放置。
b. ボールに入れた水にお酢を約1/2カップほど混ぜ、そこに柚子を入れ20分ぐらい放置。
c. 柚子を取り出し水でよくすすぎ、表面の水分をしっかりふき取る。
*a.とb.の両方或いは片方だけでもいいし、無農薬などそれほど汚れもないようであれば水でごしごし洗ってもよい。 ただし、水をはったボール等に長い時間入れっぱなしにしておくと皮が水を吸ってぶすぶすになるので注意。

2)皮と実と種を分け、皮を細く切る。
*今回はゆっくり作っている暇が無かったので、特に種も取り除かなかった。 実も袋から丁寧に取り出すなどということはせずにざくざくと包丁で切り刻んで使用。 かなり雑。

3)ボールに2)を全て入れ混ぜる。

4)煮沸消毒したビンなどに3)と蜂蜜を交互に入れて、蓋をして冷蔵庫で保存。
*一度作ってみると、自分の好みの蜂蜜と柚子の割合がわかってくると思います。

1週間ほどすれば使い始められる。

ジャム作りのように砂糖でしっかり煮ているわけではないので、柚子の皮のほろ苦さが残り、甘ったるくない味に仕上がります。

自分で作ったものは市販のもののように防腐剤等が入っていないので、いつまでもとっておかず、どんどん使う、スプーンなどは清潔で乾燥したものを使うなど、保存には気をつけてください。