Somewhere in time(^^)

Somewhere in time

A little something to say in my everyday life

バナナ酢

いつ頃から話題になりだしたのか知らないが、飲むお酢を自分で作ってもいいのではと思い検索したら出くわしたのがバナナ酢。

暑い夏にスライスしたレモンの蜂蜜漬けを作っておくというのは昔からよく聞くが、レモンの皮がどれだけきれいなのかというのも気になるのでバナナ酢を作ってみることにした。

作り方は、検索するとたくさんの方が紹介してくれている。 それぞれ多少違いはあるが、基本的な作り方や分量は大体同じようなものだった。 参考にしたのは料理研究家の村上祥子さんのHP(バナナ酢の作り方)に紹介されていたもの。

他の方の作り方も見たが、基本的な分量としてはこんな感じ(↓)。
バナナ:100g
黒砂糖:100g
お酢:200cc
お酢は黒酢以外で作っている人もいる。

たまたま家に大量のワインビネガーがあったので、それで作ってみた。

f:id:tsukisai:20160617030804j:plain

f:id:tsukisai:20160617030814j:plain

バナナを切って、耐熱容器にバナナ、黒砂糖、お酢を入れ、電子レンジでチン。 レンジから取り出したらフタをして、12時間はそのまま部屋に置いておく。 これだけでいいので、とっても簡単。

1 回目に作った時は、12時間後に冷蔵庫に入れたのだがお酢がなかなかまろやかにならなかったので、2回目からは冷蔵庫に入れず常にキッチンに置いてある。 季節にもよると思うが、今のところバナナが発酵するなどして変になることもなく、お酢がまろやかになって飲みやすい。 ちなみにバナナは2週間ほどしたら取り出したほうがいいとコメントしている人が多い。

最近は、1日2回~3回ほど、大さじ1杯を他の飲み物に混ぜて飲んでいるほか、料理の時に使うお酢としてもこのお酢をどんどん使っている。 また整腸作用もあるみたいで、便秘とは縁がない私の場合、調子にのって飲みすぎるとお腹がなんとなくゆるくなった。 便秘ぎみの人に向いているかも。

ー追記ー
2ヶ月間ほどバナナ酢を毎日飲んでいたのだが、今は飲むのをやめてしまった。 作り方も簡単だし、味もどちらかというと飲み易いといいことづくしのようにも思えるが、個人的には砂糖の量が気になるし、味も甘過ぎ。 もともと甘いものがあまり好きではないので、この甘さが気になりだしたら飲みたくなくなってしまった。