Somewhere in time

A little something to say in my everyday life

pcの調子が再びおかしくなった

去年の12月、出張から戻った主人の第一声は「pcの調子が悪い」だった。 使っているのは東芝のKira。 その時は冷却ファンが問題で、結局冷却ファンだけを購入し、自分で交換して解決した。

tsukisai.hatenablog.co

そして今回、出張から戻った主人のpcは何事もなく動いてくれていたのだが、それも束の間、再び調子が悪くなってしまった。 今回、問題の原因はよくわからなかった。 とにかく起動すらできなくなった。 慌ててネットで検索していた主人、リカバリメディアというものを使って修理できるかもというところまでたどり着いた。 でも、使っていたpcは起動すらしないわけで、他のpcでリカバリメディアを作成して実行。 わかっている人はここまで読めば結果は既におわかりかと思う。 そう、別のpcで作成したリカバリメディアではダメなのである。 「別のpcで」と書いたが、サイトや修理店の人の話をまとめると、全く同じ機種ならいざ知らず、他メーカーではもちろん、同じメーカーでも機種が違うとダメなことが多いらしい。

主人の場合、MicrosoftのページからDellのデスクトップでリカバリメディアを作成したわけで、当然KiraはUSBフラッシュメモリを認識しようともしない。 東芝の安心サポートに連絡し、電話口で指示通りにやってみたがもちろんダメ。

しょうがないので、あちこちの修理店に問い合わせてみたのだが結局東芝に修理に出すのが一番安上がりだったので、東芝に修理に出しました。

ところで、修理に出す前にpcを持ち込んで問題を見てもらったお店があった。 そこの方曰く、「修復することはできるが、システム上で東芝独自の部分があり、それは自分たちでもどうしようもない。 だから、基本的には修復できるが、使えなくなる機能も幾つか出てくると思う。 例えばpcをテレビと繋いだ時とかに作動しない可能性が出てくるとか」。 また、「このpcは購入時、Windows8が入っていたはず。 東芝さんの場合、Windows8が入っているpcにWindows10を入れてはいけないということになっているんですよ」だって。 Windows10にアップデート後、似たような問題が出ているらしい。

これには驚いた。 Microsoftから「Windows10に無料アップデートできるのはいついつまでですよ」とメールが届き、世間でも一時話題になっていたのに、東芝からは何の連絡も受け取っていなかった。 商品を購入した時、メールアドレスを登録してカスタマー登録しているのに、なんでこんな大事なことをメールで知らせてくれないのか。 そして、今回の修理時にも東芝は何も言わなかった。 せめて、Windows10に無料アップデートできるよ~とニュースになっている時期に、顧客に情報を提供するのは当たり前のことだと思うのだが。 こうやって顧客が離れていくんだな~と実感してしまった。

さて、修理から無事戻ってきたpcは、もちろん、しっかりと、Windows8になっていました。 新しいpcを買った時はリカバリメディアの準備をちゃんとしておきましょう。 少なくとも、自分のpcはリカバリメディアをどうすれば入手できるのか確認しておいたほうがいいと思います。 メーカーによっては購入時にオプションでリカバリメディアを売っていたりします。 東芝はpcにリカバリメディアを作成するtoolが入っているので、それを利用して作ります。 32G以上のフラッシュメモリーが必要ですが。

 

 

 

パソコンのない生活

とうとうWindows Vistaのサポートが終了してしまった。 「今さらWindows Vista?」と思われる人もいるかもしれないが、家で使っていたパソコンのOSがWindows Vistaだったのだ。 OSからもわかるとおり、ずいぶんと長く使ったパソコンだった。

東芝dynabookというノート型パソコンだったのだが、ずいぶん前にモニターの液晶が駄目になった。 あちこちのサイトを参考にしながら「液晶を交換するぞー!」と主人が言い出し、必要なパーツを購入。 張り切って交換し始めた主人、暫くすると「駄目だった。 後でよくよくサイトを見たら、特にdynabookは難しいと書いている人がいた」などと言い、結局失敗。 モニターは使えないけどハードはまだまだ使える。 そこで、ノート型パソコンからモニターにあたる蓋とも言える部分を取り外し、買ってきたモニターを繋ぎ、元ノート型パソコン版デスクトップの出来上がり。

そして遂にVistaのサポート終了という結末が来てしまった。 未だにパソコン自体は元気だったわけだが、このままネットに繋いだ状態で使い続けるのは空恐ろしくもあり、きっぱりと諦めた。 必要なデータをクラウドやら外付けのハードに移し終わると、またまた主人、あっという間に分解してしまい、気がついた時には跡形もなくなっていた。

さて、どこのPCを買おうか、デスクトップかノート型か、はたまたタブレットか。 実物を見に店に行ってみたり、ネットであれこれと口コミを読んでみたりしていたのだが、結果的に自分の使い方を考えてタブレットにした。 家の中ではwi-fi環境があるし、大量の文章を作成する必要も特になく、仕事関係は職場のpcを使えばことは済む。 こういうと何だかとてももっともらしく聞こえるが、ちょうどAmazonのタイムセールに自分が買おうかなと考えていた候補の中にあったタブレットが出ていたということのほうが大きな理由と言えなくもない。

Amazonのタイムセールはプライム会員の場合、非会員よりも30分早く買い物を始めることができる。 わたしは以前プライム会員の無料お試し期間を申請したことがあったので、今回申請すると会員費が発生してしまう。 しょうがないので、商品のページを開き、会員がカートに入れていくのを30分見ていた。 たぶん買えるとは思っていたが、ちょっと心配だったので。 と言うのも、このタブレットはまず100台用意されていたのだが、あっという間に売れてしまったらしく、キャンセル待ちまでできてしまっていた。 すると同日の午後、Amazonで再度300台を追加してセールが始まったというわけ。 用意した数が数なので、あっという間にとまではいかなかったが、それでもプライム会員の買い物がスタートした時点では、あれよあれよと思っている間にカートに入れられたパーセンテージがどんどん上がっていった。 これって、あんまり心臓によくないような…。 まあゲーム感覚的というか。

話しがちょっと脱線してしまったが、とりあえず購入できたタブレットが家に届いた。 こうなると、家で自分が普段使うのはスマホとこのタブレットということになる。 現在世の中にはいろいろな端末があるわけだが、わたしは基本的にPC使用がメインだったので、まずは自分の使いやすいように環境を整えていく必要がありそうだ。 そのことはまた次の記事で。

 

 

Outlook comのメール画面にある広告

昨日に引き続き今日もOutlook comの話し。

普段Outlook comのメールを使うことが多いのだが、画面右手側に広告が表示される。 無料版を使っているのだから広告が表示されるのは仕方がない。 そう思って我慢していたのだが、どうも最近重い感じがしてしょうがない。 Outlookにログインして画面を開くと、右側の広告が表示された後でないとメールをクリックして開こうとしても開けない。 ネット環境は以前と同じのはずなのに。 自分には何のようもない広告が開き終わるのを待つストレスがまず一つ。 そして、メールの開閉、別のトレイに移動、とにかく何かするごとに広告が開き終わるのを待たなくてはならないというストレスが二つ。 そして、常に画面右側にちらちらしている広告に対するストレスが三つ。 些細なことのようだが、毎日使う画面なのでイライラしてしまう。 そしてそのイライラがまた嫌なのである。

無料版だからしょうがないと思っていたのだが、拡張機能で簡単に解決できてしまった。

s.jkunblog.com

上記サイトにいくと、ChromeFirefoxの選択肢があるので、どちらかを選ぶ。 するとリンク先に飛び、拡張機能を追加することができる。 ちなみに、上記サイトにも明記されているが、対象となるウェブメールは次の三つ。

わたしの場合はFirefoxを使っており、上記サイトからリンク先のサイトに飛び、「+Firefoxに追加」をクリック。 いとも簡単に目障りな広告を見なくてすむようにできた。

Outlook comのページを開くと、画面が左右に大きくなったような感じで、右側に現れていた広告は画面上では見えない。 また、Yahoo Japanを開くと、background全体に表れていた広告も、あることはあるのだが見える部分が少なくなっていた。

広告と共にストレスになっていた重たさだが、これまた解決できていた。 この拡張機能を追加した後は、Outlook comの画面上で何をするにもサクサクと動いてくれている。